屋島総合病院

平成28年度 屋島総合病院 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0代 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 不明
患者数
198
119
127
191
243
343
943
1,039
932
251

 年代別で見ると、20代から70代まで、年齢に比例し増加しており最大値は70代の「1,039」となっている。香川県における人口ピラミッドで見ると、最も多いのは60代半ば(平成27年10月1日データ)であり、今後70代の患者数がさらに増加することが考えられる。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 22.44 21.25 8.54 86.57
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 9.22 11.06 0 74.53
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 60 5.9 5.5 0 55.25
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 44 10.95 12.43 4.55 77.84
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 31 8.32 9.19 0 68

 大腸良性腫瘍に対する内視鏡的治療は、対象件数より除外されるため掲載していません。
それを除いた内科で最も多い症例は、誤嚥性肺炎です。唾液の誤嚥で肺炎になる場合も多く、高齢で重症化するほど入院期間も長くなっています。
 次いで、胆石、胆管炎の胆道疾患が多くなっています。胆石などが原因で胆管に炎症が起こるため、内視鏡的に胆道にチューブを留置する、胆石を除去するなどの内視鏡的手術の治療も行っています。

 

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 8.76 7.61 0 59.71
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 8.24 6.82 0 58.19
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 19 4.58 4.48 0 61.95
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 14 5.64 9.46 0 68.86
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 14 5.71 5.6 0 46.93

 外科で最も多い症例は胆嚢疾患です。患者さんの経過の一例として、手術前日に入院、手術後は4〜5日で軽快退院となることが一般的です。
 また次いで多いのは大腸癌に対する化学療法です。疾患の状況・状態に合わせ、通院での化学療法室も整備し、患者さんに快適な治療環境を提供しています。
 最近では内視鏡下での手術に力を入れており、胆石症への手術をはじめ、結腸・直腸切除や胃切除に対しても腹腔鏡補助下での手術が増加しています。


整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 112 36.26 26.26 0.89 72.39
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 102 35 24.42 2.94 66.02
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 66 30.09 11.91 0 39.08
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 52 2.04 3.07 0 69.69
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 49 30.29 20.57 0 79.73

 整形外科では膝、股、肩などの関節疾患の手術を目的に入院される患者さんが多くを占めています。当科ではスポーツ医学センターと人工関節センターから成る屋島関節外科センターを併設しており、関節鏡視下手術や人工関節置換術が多いことが特徴です。当科症例数の1番目と2番目は膝、股の人工関節置換術。また3番目は膝の前十字靱帯断裂や半月板損傷といったスポーツ外傷に対して鏡視下で手術を行った患者さんです。高齢者の患者さんもいますが、若い人では中学生の患者さんもいるため平均年齢が40歳前後と症例に比べて若くなっています。当院は回復期リハビリテーション病棟を併設しており、一部の患者さんは手術後に回復期リハビリテーション病棟に転棟しリハビリ加療を行っているため平均在院日数が全国平均より長くなっています。

 

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 3.98 5.79 0 6.63
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 22 3.18 5.5 0 4.45
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 16 4.94 6.02 0 1.88
100380xxxxxxxx 体液量減少症 14 3.21 9.33 7.14 5.43
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 4.79 6.42 0 2.5

 小児科の症例では、肺炎や気管支炎等の急性下気道炎が最も多く、次いで各種ウイルスによるウイルス性腸炎、咽頭扁桃炎などの上気道炎となっています。特に冬にはノロウイルスやRSウイルス等による腸炎の症例が増えます。いずれの疾病も熱性けいれんや脱水などの合併症を起こす場合も少なくないため、原疾患だけでなく合併症についても留意して診療をおこなっています。

 

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 28 12.68 9.44 0 71.18
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 18 14.56 10.05 0 44.06
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 17 12.71 12.76 0 31.47
120140xxxxxxxx 流産 17 3.06 2.43 0 33
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 14 4.36 5.12 0 69.93

 産婦人科では、生殖器脱出症による入院が最も多い症例となっています。これは、更年期以降の女性に多くみられる子宮脱の症状に対して、子宮脱手術を施行します。
次に多い子宮の良性腫瘍では、子宮筋腫等に対して子宮全摘術を施行します。
また、流産の症例では、不全流産に対する子宮内容除去術と稽留流産に対する流産手術が含まれています。

 

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 74 6.78 5.24 0 62.05
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 19 9.16 9.6 0 56.11
030428xxxxxxxx 突発性難聴 16 12.06 9.37 0 64.13
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 13 8.69 7.47 0 49.69
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 12 8.75 8.12 0 22.42

 耳鼻咽喉科の入院において多い症例は、前庭機能障害(めまい症)や顔面神経麻痺、特発性難聴となります。顔面神経麻痺については、後遺症の予防目的にリハビリも行っております。
また慢性の扁桃炎に対しては、口蓋扁桃摘出術も行っており、疾患の状態や患者さんの御希望に合わせ、さまざまな治療方法を心がけています。

 

眼科

集計対象数が全て10件未満のため掲載無し。

 

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 32 7.25 8.96 3.13 75.56
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 10.38 11.96 0 72.94
080190xxxxxxxx 脱毛症
-
-
3.72
-
-
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし
-
-
5.11
-
-
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹
-
-
6.58
-
-

 皮膚科では、帯状疱疹に対する治療が最も多くなっています。ウイルスにより引き起こされ、一般に身体の左右どちらか一方にピリピリした痛みと、赤い斑点、水ぶくれが帯状にあらわれるのが特徴です。抗ウイルス剤の点滴を行い、約1週間の入院です。
 次いで、急性膿皮症の症例が挙げられます。これには蜂巣炎(蜂窩織炎)などが含まれ、主に抗生剤の点滴治療になります。

 

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 21 14.14 7.44 0 76.67
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 20.53 12.84 6.67 68.2
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 15 2.73 5.25 6.67 48.87
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12 10 12.43 0 75.58
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2 なし 10 3.3 10.01 20 72.8

 泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍に対する手術目的の患者さんが最も多くなっています。術後は血尿の有無などを確認しながら、安定していれば1週間ほどで退院となります。
 次いで多いのが、慢性腎不全や上部尿路疾患などです。慢性腎不全の患者さんに対する治療では透析治療を受けている患者さんの状態改善のための入院や、腎機能が著しく低下している患者さんに対し、緊急透析を行うこともあります。

 

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 17.6 9.87 6.67 71.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 9.65 7.52 0 55.3
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 23.65 16.54 4.35 64.96
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 30 16.73 15.38 79.46
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 10 35.4 22.08 10 84.5

 脳神経外科では、慢性硬膜下血腫や脳梗塞などの脳血管障害が出現した患者さんに対する治療に対し手術、点滴などの薬物治療やリハビリなどを行っています。
症状が軽減した患者さんに対し回復期リハビリテーションというリハビリを集中して行う病棟で退院にむけて積極的なリハビリ治療もしております。
 また当院は脳血管障害発症後4.5時間以内の患者さんにのみ適応できる「アルテプラーゼ(rt-PA)静注療法」と呼ばれる超急性期血栓溶解療法が可能な病院となっており、脳血管障害に対する治療に力を入れております。

 

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 16.3 17.95 0 82.96
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 2.03 3.06 3.03 68.58
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 4.63 4.71 6.25 67.69
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 13 35 19.86 0 81.77
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 10 19.3 16.39 0 70

 循環器科で最も多い症例は心不全の疾患になります。平均年齢も80歳を超えており、後期高齢の患者さんが多いことがわかります。
 また次いで多いのは狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院です。検査入院での場合は1泊2日の入院が多く平均在院日数が約2日となっています。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
-
-
-
18
13
-
1
6,7
大腸癌
-
11
21
41
19
46
2
6,7
乳癌
-
-
-
-
10
-
1
6,7
肺癌
-
-
-
-
-
-
1
7
肝癌
-
-
-
-
-
11
2
7

 当院では患者さんの希望や病状に合わせて、入院による化学療法(抗がん剤の投与)加療を行っています。選択する抗がん剤にもよりますが、決められた量を計画的かつ頻回に分けて投与するため、複数回の入院ないし外来での化学療法を必要とします。したがって上記の表では、一人の患者さんが複数回入院した件数も含まれています。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
重症度 患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
18
7.72
54.06
中等症
51
14.39
78.12
重症
-
-
-
超重症
-
-
-
不明
-
-
-

 普段の生活の中で罹患した肺炎の患者さん(20才以上)について、重症度別に集計したものです。
 重症度が上がるごとに平均在院日数と平均年齢が、長く・高くなっていることが分かります。

 

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
12
7.75
74.17
0
その他
-
-
-
-
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
I63$ 脳梗塞 3日以内
96
50.75
74.68
20.83
その他
11
28.55
68.36
0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
-
-
-
-
その他
-
-
-
-

 脳梗塞の病型別の患者数を集計したものです。
 どの種別においても発症日から3日以内に入院となった患者さんが多数を占めます。
 急性期治療が終了した後に回復期リハビリテーション病棟に転棟しリハビリを行っている方がいるため在院日数は長期化の傾向にあります。

 

診療科別主要手術別患者数等
          (診療科別患者数上位3位まで)
ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 
長径2センチメートル未満
227 0.56 1.29 0 67.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 1.42 13.31 6.25 79.81
K654 内視鏡的消化管止血術 23 1.04 12.3 4.35 78.57
K6852 内視鏡的胆道結石除去術 その他のもの 23 0.39 5.22 0 72.22
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、
腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
16 25.19 23.25 18.75 82.75

 内科では、内視鏡を用いて大腸ポリープを切除する、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が最も多くなっています。ポリープの部位や大きさ、切除の方法により手術が分類されます。基本的に1泊2日入院で行っています。
 次いで、内視鏡的胆道ステント留置術の症例が多くなっています。これは胆石や腫瘍などが原因で狭窄した胆道にチューブを留置し、胆汁の流れを良くする手術です。
 当院では、消化器内科系疾患に対する内視鏡的手術の症例が多いのが特徴です。

 

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 2.83 6.92 0 61.15
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 41 1.15 4.83 0 70.68
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.73 4.4 0 66.4
K7193 結腸悪性腫瘍手術(右半側切除) 11 8.18 29.18 0 67
K7181 虫垂切除術 
虫垂周囲膿瘍を伴わないもの
11 0.09 4.36 0 40.55

 外科で最も多い手術は腹腔鏡下胆のう摘出術です。次いで、鼡径へルニアに対する手術となっています。鼡径ヘルニアは一般的に脱腸とも呼ばれますが、脱出したヘルニア嚢を還納し、再度脱出しないように脆弱した部分をメッシュで強化し、鼠径部の補強を行います。患者さんの希望やヘルニアの状態に合わせて、腹腔鏡を用いて手術を行う場合もあります。
 最近では内視鏡下での手術に力を入れており、最も件数の多い腹腔鏡下胆のう摘出術をはじめ、結腸・直腸切除や胃切除に対しても腹腔鏡補助下での手術が増加傾向にあります。

 

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 228 1.99 33.2 1.32 69.86
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(後方椎体固定)
43 6.51 30.12 2.33 70.53
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 31 1.58 31.1 0 25.1
K068-2 関節鏡下半月板切除術 20 1.65 10.8 0 64.2
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 15 2.93 40.6 0 35.53

 整形外科の手術件数は人工関節置換術が最も多くなっています。人工関節置換術は変形した関節をセラミックやポリエチレンでできた人工関節に入れ替えることで痛みの原因となっている部分を取り、歩行・動作能力を回復する手術です。当院ではMIS(最小侵襲手術)で行っております。
 2番目の脊椎固定術は神経を圧迫して腰痛の原因となっている部分に、患者さん自身の骨(自家骨)や人工骨、スクリューなどを使用して脊椎の安定性を高めることで下肢の痺れや痛みの減少を図る手術です。全身麻酔下で行われます。
 3、4番目は痛んだ半月板を関節鏡視下で縫ったり取ったりする手術です。
 5番目は痛んだ前十字靭帯を自身の腱を用いて関節鏡視下で再建する手術です。前十字靭帯を痛めている方は半月板の損傷を併発している場合も多く、同時に半月板の縫合術も行うことがあります。

 

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの
-
-
-
-
-

 腹腸重積症は腹痛、腹部腫瘤、粘血便の特徴がみられ、発症早期であれば非観血的に整復術しています。

 

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8654 子宮脱手術 
腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)
27 1.11 10.63 0 71.3
K877 子宮全摘術(腹式) 18 1.28 12.44 0 46.72
K861 子宮内膜掻爬術 12 2.75 1 0 61.75
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 10 0.9 0.8 0 34.1
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 
腹腔鏡によるもの
-
-
-
-
-

 産婦人科で最も多い手術は、更年期以降の女性に多くみられる子宮脱手術(子宮全摘術及び膣壁形成手術)です。本来の位置から下垂して膣から外に出ている子宮を摘出し、伸びてしまった膣を一部切除し縫い縮める手術で、術後10日程度で退院になります。
 続いて、子宮筋腫等に対する子宮全摘術、卵巣腫瘍等に対する子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡によるもの)が多くなっています。

 

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術 摘出
-
-
-
-
-
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
-
-
-
-
-
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
-
-
-
-
-
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの
-
-
-
-
-
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型
(汎副鼻腔手術)
-
-
-
-
-

 耳鼻咽喉科で最も多い手術は、慢性の扁桃炎や睡眠無呼吸症候群に対して行う手術です。
 また次いで多いのは、慢性副鼻腔炎に関する内視鏡を用いて行う手術となっています。この手術は、内視鏡を用い鼻内から各副鼻腔に到達し、副鼻腔を開放する手術です。

 

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(その他)
127 0 1 0 75.45
K279 硝子体切除術
-
-
-
-
-

 眼科では水晶体再建術(白内障手術)を行っています。
 白内障は、加齢や糖尿病などのために目の中の水晶体(カメラで例えるとレンズ)が濁り、そのために光が目の中に入りにくく、視力の低下が起こります。水晶体再建術は濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズに置き換えることで視力の回復を図る手術です。
 手術は局所麻酔で行われ、一泊二日で退院となります。

 

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 
長径2センチメートル以上4センチメートル未満
-
-
-
-
-
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 
長径3センチメートル以上6センチメートル未満
-
-
-
-
-
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、
遷延皮弁術(25〜100cm2未満)
-
-
-
-
-
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満)
-
-
-
-
-
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
-
-
-
-
-

 良性腫瘍に対する皮膚、皮下腫瘍摘出術の症例が最も多くなっています。腫瘍の部位や大きさによって類似手術があります。
 いずれの手術もほぼ予定手術であり、入院約1週間後に退院となっています。

 

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 50 0.24 1.04 0 58.02
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 22 3.18 10.14 0 76.45
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 1.1 8.19 0 67
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 14 3.79 6.14 21.43 71.5
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
-
-
-
-
-

 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は、衝撃波によって尿路結石を砕き、体外へ排出しやすくするための手術です。一泊二日入院の場合が多く比較的短期間で退院可能な手術になります。
膀胱悪性腫瘍手術は、手術用内視鏡を用いて、膀胱腫瘍を切除する治療のことです。切除した腫瘍は病理組織検査に提出し、性質などを調べます。
 経尿道的尿管ステント留置術とは尿管狭搾に対し尿管にステントを留置し通過障害を改善させます。

 

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 1.33 46.11 16.67 78
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、
腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
14 46 30.14 42.86 83.64
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの
-
-
-
-
-
K164-4 定位的脳内血腫除去術
-
-
-
-
-
K1742 水頭症手術(シャント手術)
-
-
-
-
-

 脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
比較的高齢の方に多く、頭部外傷などにより脳内に血が溜まり、歩行障害や言語障害の症状が出現する慢性硬膜下血腫という疾患に対する手術です。頭蓋骨に小さな穴をあけて硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。
 2番目に多い手術は胃瘻造設術です。
脳血管障害等により嚥下困難となり口から栄養をとれなくなった場合、内視鏡を使用し胃に栄養をとるための小さな穴を作り、そこにチューブを通して栄養を直接注入します。
 3番目に多い手術は頭蓋内腫瘍摘出です。
主に髄膜腫など良性腫瘍に対して顕微鏡下で手術を行っています。腫瘍の圧迫による神経症状を改善する目的に行います。
 4番目に多い手術は定位血腫除去術です。
主にある程度の大きさの高血圧性脳内出血に対して、CTを用いて定位的に血腫を除去し、脳への圧迫を早期に除去することにより機能の回復を早めることを目的としています。
 5番目に多い手術は水頭症に対する手術です。
 くも膜下出血や腫瘍、外傷などのあとに生じる正常圧水頭症に対して、髄液の流れを良くするために行う手術です。脳室腹腔短絡術、腰椎腹腔短絡術などがあります。

 

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 18 2.56 4.28 0 67.11
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術
不安定狭心症に対するもの
-
-
-
-
-
K596 体外ペースメーキング術
-
-
-
-
-
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合
-
-
-
-
-
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
-
-
-
-
-

 循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術などの心臓カテーテル治療や、不整脈に対する、ペースメーカー移植術を行っています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。「ステント」と呼ばれる網目状の小さな金属性の筒で、狭窄部を血管の内腔側から補強する手術が「経皮的冠動脈ステント留置術」となります。

 

その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

                                  (ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
-
-
異なる
10
0.23
180010 敗血症 同一
-
-
異なる
14
0.32
180035 その他の真菌感染症 同一
-
-
異なる
-
-
180040 手術・処置等の合併症 同一
13

0.3

異なる
-
-

 医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である、播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術処置の合併症について発症率を集計しています。

 

【更新履歴】
2017/9/29 掲載開始



 
▲TOP▲