屋島総合病院


 第23回院内学術講演会を開催しました

 令和2年2月20日(木)、当院2階講堂にて地域のみなさまを対象とした「第23回院内学術講演会」を開催いたしました。

 はじめに、脳神経外科の高杉部長が「身近な脳疾患について」、続いて訪問看護ステーションやしまの長瀬所長が「住み慣れた家で療養生活を」と題して講演いたしました。

 当日は97名の皆さまにご参加いただきました。参加者からは「脳卒中の怖さ、生活習慣病の治療の必要性が分かりました」「血圧のコントロールに日々注意します」「訪問看護は良いシステムだと思います、相談してみたい」といった声が聞かれました。

 

【第24回院内学術講演会の中止について】
 新型コロナウイルスによる感染症が危惧される中、講演会聴講者の健康や安全面等を第一に考えました結果、3月25日に実施を予定していた第24回院内学術講演会の中止を決定いたしました。なお、今後の講演会につきましては、病院ホームページ・ポスター等にてお知らせ致しますので、お手数ですが随時ご確認ください。

 
<サイトマップ>
▲TOP▲